新型ハリアー2017年ビッグマイナーチェンジの特徴は?燃費・価格・安全機能は?

トヨタハリアーが2017年6月にビックマイナーチェンジして発売されます。新型ハリアーはターボエンジンの搭載で走行性能がアップし、トヨタ最高ランクの安全機能”トヨタセーフティセンスP”を採用。クロスオーバーSUVハリアーの新型について、燃費、価格、安全機能など現在分かっている最新情報をご紹介しましょう。

Sponsored Links

新型ハリアーはターボエンジンを搭載し燃費はどうなる?

ハリアーといえば元々はトヨタの高級ブランド”レクサス”のRXを、国内向けに販売したことで誕生した車。
現行ハリアーは3代目で高級感はレクサスから引き継がれ、大型クロスオーバーSUVの確固たる位置づけを守っている。
先日、話題のC-HRと並んで展示されていたハリアーを見たがその美しいこと!ハリアーは何とも言えない上品さが漂っていて落ち着いた感じ。C-HRとは価格やターゲットが違うのだから仕方がないけど、ハリアーは本当にステキで見飽きなかったです。

新型ハリアーはターボエンジンを搭載

新型ハリアーにはレクサスNXやクラウンアスリートに搭載されている”2.0L直噴ターボエンジン”が採用されている。

停まる、発進するを繰り返す日本の道路事情にあわせて、ターボをうまく使って低い回転から大きなトルク(瞬発力)が出るように開発。低い回転から高い回転までの幅広い範囲で高いトルク(瞬発力)を確保。瞬発力が良いということは出だし(加速)が良くなるんですね~
排気量を小さくして(ダウンサイジング)燃費をよくしつつ、力強い走りを可能にしたトヨタの最新技術が満載のエンジンです。

image

出典:トヨタWebサイト

新型ハリアーの燃費は?

新型ハリアーと現行ハリアーの燃費

現行のハリアーの燃費と価格は次の通りで、燃費はすべてJC08モードです。

ハイブリッド 燃 費 価 格(税込)
PREMIUM 21.4Km/ℓ 4,591,963円~4,032,000円
ELEGANCE 21.4Km/ℓ 3,774,857円
GRAND 21.8Km/ℓ 3,713,143円
ガソリン 燃 費 価 格(税込)
PREMIUM 14.8Km/ℓ 3,891,927円~3,137,143円
ELEGANCE 16.0Km/ℓ 2,880,000円~3,074,400円
GRAND 15.2Km/ℓ 2,797,714円~2,992,114円

新型ハリアーで採用される2.0ℓターボエンジンは、おそらく燃費は13~14Km/ℓくらいになると予想。そのほかのグレードには大きな変更はない様子。
価格については、現行にない機能が追加されるので、若干上がる可能性があると思います。

Sponsored Links

新型ハリアーの安全機能

新型ハリアーは予防安全は高評価

現行のハリアーはJNCAPの予防安全性能アセスメントで“ASV+”で評価されているクルマ。予防安全の面はかなり得点が高いようで、安心して乗れクルマのひとつですね。

<JNCAP>
Japan New Car Assessment Programの略で、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が公表している自動車の安全情報のこと。
①被害軽減ブレーキ試験
②車線はみ出し警報試験
③後方視界情報
の総得点が、2点を超えると「ASV」、12点を超 えると「ASV+」と評価される。

image

出典:トヨタWebサイト

Sponsored Links

安全機能は衝突を回避支援するトヨタセーフティセンス Pを搭載

新型ハリアーには話題のプリウスPHV、C-HRなどの計8車種に採用されている”トヨタセーフティセンス P”が搭載される。
現行車も同じような性能を備えているが決定的に違うのは、現行ハリアーの検知システムは”ミリ波レーダー”のみ。新型ハリアーに搭載されるのは”ミリ波レーダー”と”単眼カメラ”の2種類ということになる。

<新型ハリアーのプリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)>

トヨタセーフティセンス Pは“ミリ波レーダー”と”単眼カメラ”の2種類の目があり、クルマだけでなく”人”も検知できる素晴らしい性能をもつ。レーダーとカメラという異なる特性を活かし、”ミリ波レーダ”ーは遠方検知や雨などの環境に強いし、”単眼カメラ”はクルマや白線、対向車のランプ、さらには”人”までも認識でいるのが大きなポイント。

出典:you tube

新型ハリアーのプリクラッシュセーフティシステムは先に書いたように、”ミリ波レーダー”と”単眼カメラ”で先行車や歩行者への衝突事故を回避するよう支援。
ぶつかりそうだと判断すると、警告音とディスプレイ表示でドライバーに伝える。それでも衝突の危険が高いと判断すると、ブレーキを踏んだときそれを強力にサポート。ブレーキを踏めなかったら自動ブレーキで衝突を回避、または被害軽減を助ける。
現行ハリアーには残念なことに”人”に対しての機能がなくて、自動ブレーキが作動することはないので注意したいところ。

image

出典:トヨタWebサイト

<現行ハリアーのプリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)>

現行ハリアーはミリ波レーダーのみで検知。そのためクルマに対しての衝突回避をサポートするが、”人”に対しては性能として備えていない。
警告音とディスプレイ表示でブレーキをアシストし、衝突を避けられそうにない場合は衝突回避サポートをする点は新型ハリアーとほぼ同じ。

image

出典:トヨタWebサイト

<レーダークルーズコントロール>

新型ハリアーに搭載されるトヨタセーフティセンス Pの「レーダークルーズコントロール」には”ブレーキ制御”と”全車速追従機能”の両方を搭載。
現行ハリアーの「レーダークルーズコントロール」は”ブレーキ制御のみ”となる。
”ブレーキ制御”は、設定した速度で先行車との車間距離を保ってついて走る機能。高速道路などでの長い運転時にドライバーへの負担が少なくなる。
さらに新型ハリアーには”全車速追従機能”がつき、前に走る車が停まれば自分の車も停まり、次の動き出しはドライバー自身で発進。その後は追従走行が再び始まるというもの。

image
出典:トヨタWebサイト

レーダークルーズコントロールは、高速道路を使う遠出にはとても活躍しそう。特に渋滞に巻き込まれたり、運転に疲れが出ている時は、トヨタセーフティセンス Pは前の車が停まれば減速して停まってくれるからありがたい。単調な運転が続くと、ヒヤリとすることも、、、事故にならないようサポートしてもらえるのは大助かりです。

出典:you tube

<新型ハリアーに搭載される”トヨタセーフティセンス P”のその他の性能>

次の性能については現行ハリアーにすでに搭載済み。ただし検知システムの違い(2種類のレーダー搭載かミリ波レーダーのみの搭載の差)があるのかもしれない。

Sponsored Links

●レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)(LDA)
白線(黄線)を検知して、ウインカーを出さずに車線を逸脱することがあればブザーとディスプレー表示で伝える。はみ出た分を元に戻すなどのハンドルコントロールをサポート。

image

出典:トヨタWebサイト

●オートマチックハイビーム(AHB)
対向車や先行者などのライトから周囲の明るさに反応し、ハイビームとロービームを自動切換え。ドライバーの手間が省けるほか、うっかり忘れも防止できる。

以上が、新型ハリアーに搭載される安全性能と現行ハリアーの安全性能との大きな違いです。

新型ハリアーのデザインは?

新型ハリアーの新しいデザインは?

ハリアーはかなりゴージャスなインテリアで有名。内装をみて高級だなぁと感じるポイントは私の場合はやっぱり本革のシート。
現行のハリアーには3種類のシートが用意されていて、GRAND以外は本革も。ファブリック素材のほうは、質感は少し劣るものの耐久性と通気性は優れている。小さな子供やペットが同乗するなら、ファブリック素材がお手入れし易く使い勝手がよいかもしれませんね。
新型ハリアーもおそらくこの辺りは引き継がれていくと思いますが、ボディカラーは追加があるようです。

<本革↓>
image
<ファブリック(上級)+合成皮革↓>

image

<ファブリック(上級)+合成皮革↓>

image

出典:トヨタWebサイト

写真ではなかなか本革の質感まで伝わりにくいですが、一度友人のハリアー(本革張りでした)に乗せてもらったときは、その高級感に惚れ惚れしてしまった。
また室内のインテリアの細かいところまでの気遣いがうれしい。写真のボルドーとブラックの組み合わせはオシャレでステキですね。

image[60]

出典:トヨタWebサイト

デザインはフロントに一部変更か?

新型ハリアーのデザインは、斬新でオシャレなまま大きくは変わらないようです。
ヘッドランプはレクサスやC-HRが採用している、シーケンシャルウィンカー(流れるライト)を搭載、ブレーキランプのデザインの変更、 また、ナビゲーションの画面が大型化されるとの情報があります。プリウスPHVのような大きな画面になると見やすくなっていいですね。

新型ハリアーのプラットフォームは?

現行ハリアーはレクサスと同じプラットフォームで、昨年販売を終了したRAV4がベース。新型ハリアーのプラットフォームはどうなるのか?

Sponsored Links

トヨタの新しいプラットフォームTNGA

トヨタは2015年に発表した新しい開発方針TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を順次拡大することは発表済み。

これはトヨタの車づくりを根幹から鍛え上げたという新しいプラットフォーム。10年に1度と言われるプラットフォームの刷新は、将来を見据えて基礎の部分すべて見直して、ゼロから作り直した。これにより車の重心が低くなることで走りが安定し、軽量化・高剛性化により燃費は良くなる。
また、プラットフォームの標準化で部品が共通化され、大幅なコスストダウンが実現。新しい車種の開発時間も短縮と良いこと尽くし。コストダウンで捻出した資金は開発費用に回す、車体価格に反映するなどが考えられる。
メーカー側だけでなく、ユーザーにもその効果が実感できるところがうれしい。

image

出典:トヨタWebサイト

新型ハリアーのプラットフォームは変更か?

現在TNGAが採用されているのは、新型プリウスとC-HR。今後、発売される車種にはTNGAを採用していく方針で、7月にフルモデルチェンジされるカムリが3車種目と予想される。
どうやら今回の新型ハリアーにはおあずけのようで、フルモデルチェンジのタイミングに採用になるのかもしれない。

Sponsored Links

まとめ

新型ハリアーについての情報をお伝えしました。ダウンサイジングしたターボエンジンの採用で走りが良くなり、安全装備がより充実するところが大きな改良点になりそうです。
現行ハリアーは200万円台後半から購入ができ、コストパフィーマンスはとてもいい感じです。またガソリンタイプの燃料はハイオクではなく通常のガソリンなのは驚き。お財布にやさしいのでポイントが高いですね。
見た目ががっちりなのに取り回しがラクなようで、最小回転半径は17インチタイヤなら5.4m、18インチタイヤは5.7m。マツダのCX5が5.5mなのでさほど大きくありません。
外観からは女性は運転したくてもちょっと敬遠しがちですが、試乗してみるとさほど運転は怖くないそうです。ただ、車高はあるので小さな子供には気を付けて運転したいですね。
レクサスの血を引く高級SUVハリアーは所有感が満たされるクルマで、購買意欲はますます高くなりそうです。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links