アテンザ(マツダ)がフルモデルチェンジで新技術?新型エンジンで燃費や価格は?

マツダの”アテンザ”がフルモデルチェンジを行うという情報が入ってきました。新型アテンザは、新しい燃焼技術「HCCI」で画期的な燃費向上、共通デザインの”魂動”の進化版「越  koeru」で、さらに美しいフォルムが期待されます。第2世代「SKYACTIV TECHNOLOGY」の全面採用でフルモデルチェンジなるのか?新型アテンザの情報をお伝えしましょう。

Sponsored Links

マツダ アテンザとは?

アテンザはマツダのフラッグシップモデルとして販売されている人気の車種。

前回のフルモデルチェンジは2012年11月でしたので、そろそろ大幅改良のタイミングに来ています。

最近のマツダはデザインテーマの”鼓動”の採用でかなりカッコいいフォルムですね。マツダのクルマ、アテンザやアクセラは私の好みにぴったりで、SUVならCX3が好きです。街中で赤のCX3に出会うと思わずじっと見てしまい、通り過ぎるまで目で追いかけてしまいます。

image

出典:マツダWebサイト

アテンザ セダンとアテンザ ワゴン

現行のモデルは”アテンザ セダン”と”アテンザ ワゴン”のふたタイプで、2012年に3代目としてフルモデルチェンジしました。

全長はセダンが60mm長くその分小回りが0.1M悪くて5.6Mです。オーナーからの意見で”アテンザは小回りが効かない”との声があります。車幅が1840mmありますが、ライバル車のレガシーB4も同じ車幅、同じ最小回転半径5.6Mなので、サイズ的にこんなものなのでしょう。

また、セダン、ワゴンともにガソリンとディーゼルを選べます。さすがディーゼルは燃費効率が良く22.6km/ℓ。いい感じですね。

ただし車体価格がディーゼルは40万円高くなっています。この差は、ディーゼルの燃料がガソリンより2~3割安軽油であることを含んでも、距離を乗らないとpayできないですね。おおよそ1年で1.2万キロ以上は乗らないと、、、、

私のようにご近所中心に走る人には価格面でディーゼルはかなり割高になります。

CX3マツダ新型ガソリンエンジン車の最新情報は?燃費や評判は?

CX3マツダ新型ガソリンエンジン車の最新情報は?燃費や評判は?
2015年に販売を開始したマツダCX3は、コンパクトなクロスオーバーSUVとしてCX5に続いて発売。デザイン性に富みコンパクトながらもしっか...

以下が、セダンタイプとワゴンタイプの比較です。

Sponsored Links

**セダンタイプ**

image

出典:マツダWebサイト

<ガソリン・ディーゼル共通>
寸  法:4865×1840×1450
室内寸法:1960×1550×1170
最小回転半径:5.6m
<ガソリン車>
排気量:2.0L  2.5L
燃 費:17.4km/ℓ 16.0km/ℓ
価 格:276万円~400万円
<ディーゼル車>
排気量:2.2L
燃 費:18.2km/ℓ~22.4km/ℓ
価 格:317万円~377万円

**ワゴンタイプ**

image

出典:マツダWebサイト

<ガソリン・ディーゼル共通>
寸  法:4805×1840×1480
室内寸法:1930×1550×1170
最小回転半径:5.5m
<ガソリン車>
排気量:2.0L  2.5L
燃 費:17.4km/ℓ 16.0km/ℓ
価 格:276万円~400万円
<ディーゼル車>
排気量:2.2L
燃 費:18.2km/ℓ~22.4km/ℓ
価 格:317万円~377万円

Sponsored Links

アテンザの口コミ

アテンザに対して、オーナー評価はおおむね良いようですね。

マツダのクルマ全体に言えることは、デザインや室内インテリアは値段以上の高級感が出せています。まるで輸入車のようで、この辺りの高級感はスバルのレヴォーグとよく似ています。私はアテンザの良いところとして「値段以上の高級感がある」を挙げたいですね。

Sponsored Links

アテンザの良いところ

・デザインが素晴らしい
・車体が大きい割には燃費は総じて良く、高速道路はびっくりするほどの燃費がでる(ディーゼル)
・走りも力強い(ディーゼル)
・室内が広い
・輸入車からの乗り換えだが悔いなし
・ディーゼルでも静かで加速性がよい
・室内のインテリアが高級感あり

image

image
出典:マツダWebサイト

アテンザの良くないところ

・クルマ本体は満点だが、ナビは位置ズレがあり目的地までスムーズにいけないことも
・オーディオは使いがってが悪い部分があり平均点以下
・車体が大きくて小回りが悪い 車幅1840は大きい
・収納が少ない
・価格はやや高め

新型アテンザについて

新型アテンザの特徴になると予想されるポイントをひとつずつご紹介していきます。

第2世代SKYACTIVVTECHNOLOGYで燃費向上がすごい! / HCCI(予混合自己着火)の技術を新型エンジンに採用か?

マツダは、”世界一の機能を最も効率的につくる”を目標に、クルマの基本性能であるエンジン、トランスミッション、プラットフォームをゼロから見直し、「SKYACTIV TECHNOLOGY」を生み出しました。

image

出典:マツダWebサイト

良く聞くマツダが掲げる「人馬一体」の走行性能とは、ここからきているのです。

その「SKYACTIV TECHNOLOGY」がとうとう第2世代に突入しそうです。

目玉的な技術開発は世界各メーカーともにかなり以前から研究を重ねているHCCI(予混合自己着火)

発想は相当前からあって開発研究を続けているものの、量産にはなかなか至らなかった現状をとうとうマツダが先駆けるようです。

マツダ量産に踏み切る・・・は日経新聞が今年の1月に「マツダがいち早く”HCCI(予混合自己着火)を主力車に投入する”」という記事を出したのが発端で、その際、初投入はアクセラだとも言われていましたが実際はどうなんでしょうか?

HCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)とは、エンジン効率を今までにないほど高めることのできる技術のこと。「究極の燃焼方式」と呼ばれ、これが実用車に採用されたら今世紀最大の開発!といわれるほど素晴らしい技術。また量産するには難しいものなんです。

Sponsored Links

HCCI(予混合自己着火)とは?良い点

1.ガソリンを燃やす方式の変更・・・空気と燃料を最初に(予め)によく混ぜて(混合)おき、点火ではなく圧力を高めて自ら燃焼(自動)させる方式
2.燃費は従来比較で3割向上(16~17.4km/ℓ→20.8~22.6km/ℓ)
3.大幅にCO2排出を削減できて環境によい

これはディーゼルのように自己発火させる方式と同じですね。

じゃぁディーゼルエンジンに採用すればいいのに、、、ということですが、軽油よりガソリンの方が揮発性が高くて空気と混ざりやすいからガソリンの方が向いています。

image

出典:日産Webサイト

<HCCI(予混合自己着火)の気になるところ>

1.さまざまな条件が整わないと自己燃焼しない
・ガソリンの質
・燃焼室内の温度
2.エンジンに高圧力の負荷がかかるので強度をしっかりもつことが必要
3.新しいエンジンのクリーンディーゼル車 発売当時は不具合がでた(現在もリコール中)なのでHCCIという新しいエンジン搭載車も心配。
・実は2017年2月にもディーゼルエンジンに関するリコールが出ています。症状としてはエンストして停まる、また最悪はエンジン破損もあるそうです。この辺りから先進技術である”HCCI(予混合自己着火)”についても、大丈夫なのか?という心配がでます。

Sponsored Links

以上のように、良い部分だけ見れば新発売すれば飛びついて買いたくなりますね。

HCCIは実験をこれでもかというほど重ねて、大丈夫!OK!だからこその発売でしょうがちょっと様子を見たいというのが私の本音です

また、投入時期は日経新聞の記事によると2018年末となっていて、さらには”アクセラ”からと。

この記事の信ぴょう性は”HCCIをマツダが実用車にいよいよ投入する!”の部分は、結構あるかなと私は思っています。

ただ、初採用車が”アクセラ”・・・ここはどうなんでしょうね。たしかにアクセラも2018年度にフルモデルチェンジのタイミングですが、フラッグシップ車として”アテンザ”からの採用がきれいかなと思います。

新型アテンザのエンジンスペック

新型アテンザのエンジンスペック予想です。

現行車と変わりはないのですが、HCCIの採用があればガソリン車は燃費効率が3割アップとなります。通常の技術開発だけでは燃費を1.0km/ℓ上げるのに一苦労ですが、HCCIなら大幅アップが期待でき大躍進となります。

<ガソリンエンジン>
**2.0L SKYACTIV-G
最高出力:170ps/6000回転
最大トルク: 22.0kgf.m/4000回転
燃費:22.6km/ℓ(現行:17.4km/ℓ)
**2.5L SKYACTIV-G
最高出力 210ps/5700回転
最大トルク  28.0kgf.m/3250回転
燃費:20.8km/ℓ(現行:16.0km/ℓ)

<ディーゼルエンジン>
**2.2L SKYACTIV-D
最高出力 :190ps/4500回転
最大トルク: 45.0kgf.m/2000回転
燃費:18.2km/ℓ~22.4km/ℓ(変更なし)

Sponsored Links

新型アテンザはFRになるのか?

最近のクルマは、居住性や軽量化、燃費効率がよい、低コストの面で有利なFF(前輪駆動)が大勢を占めています。

ただプレミアム車という いわゆる高級路線のクルマは、近年 FR(後輪駆動)の採用が目立っています。理由は、走行性能や乗り心地の面を重視!だから。つまりは”走りの質”を大切にするということですね。高級車は一般的なクルマよりコスト面と車内空間にゆとりがありますので。

プラットフォームはコンセプトモデルとして発表した「Mazda RX-VISION」を持ってくる可能性が高いと思います。これだけ聞いただけでもファンはワクワク感が高まりますね。

出典:You Tube

新型アテンザの安全装備

新型アテンザには現行車にも採用している”i-ACTIVSENSE”を搭載予定です。

これはマツダ最高ランクの安全性能で、ミリ波レーダーとカメラという違う種類のレーダーでクルマやヒトを精度高く検知可能というもの。

衝突の回避・被害軽減の「プリクラッシュセーフティ」、安全運転をサポートする「アクティブセーフティ」を装備しています。

image

出典:マツダWebサイト

危険認知支援技術

*交通標識認識システム・・・カメラで交通標識を認知しディスプレイ表示してドライバーに促します。特に速度については警告などの機能もあり便利です。

image

出典:マツダWebサイト

*アダプティブ・フロントライティング・システム・・・ハンドルさばきによりヘッドライトの向きを自動調整。

*アダプティブ・LED・ヘッドライト・・・昼間に走っているような明るい状況を自動で行ってくれる機能。

image

出典:マツダWebサイト

*ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート・・・横や後ろ方向からのクルマを検知すると、検知した側のドアミラーにインジケーターを点灯させドライバーにお知らせ。この状態のままウィンカーを出すと、ドアミラーにインジケーターの点滅と警報音で車線変更しないように警告。

これは死角になる部分をカバーしてくれるのでいいですね。またドアミラーに警告の点滅があるのは画期的です。

image

出典:マツダWebサイト

*レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム・・・カメラで車線を認識し、レーンをはみ出そうになると車両を元の位置に戻すように、ハンドルさばきを支援。また、クルマが車線を踏み越えると感知すれば音で警告してくれます。

image

出典:マツダWebサイト

*ドライバー・アテンション・アラート・・・通常のドライバーの運転、クルマの動きを学習し、そのデータとの違いが大きくなるとメーター表示や警告音で休憩を促します。

ドライバーのクセを学習するということでしょうが、急いでいる時や体調が悪くて通常運転ができていな時もありますから、どこまでこれが成立して役立つのか?疑問だと私は思います。

出典:You Tube

運転支援技術

*マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール・・・カメラで先行するクルマを認知し、速度差や車間距離をはかりながら追従走行。高速道路の渋滞時などに活躍する機能です。

image

出典:マツダWebサイト

衝突回避支援・被害軽減技術

*アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート&AT誤発進抑制制御[前進時]・・・前にいるヒトやクルマをカメラで検知し衝突を回避するため自動ブレーキ制御。また徐行・停止時は、ペダルを踏み間違えるなど誤った発進や急加速をも制御し、被害を軽減します。

image

出典:マツダWebサイト

*スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]&AT誤発進抑制制御[後退時]・・・後退時にセンサーでヒトやモノを検知し、ぶつからないようにサポート。またペダル踏み間違いでの誤発進・急発進の制御も。

image

出典:マツダWebサイト

*スマート・ブレーキ・サポート・・・カメラとミリ波レーダーで前を走るクルマを検知し、ぶつかりそうになると警告音とディスプレイでお知らせ。それでもぶつかると判断したら、ブレーキを制御して衝突回避を支援します。

image

image

出典:マツダWebサイト

新型アテンザの発売時期と価格

第2世代のSKYACTIV TECHNOLOGYの目玉的存在である、HCCI(予混合自己着火)。新型アテンザの発売時期には間に合うか微妙なところです。

一説にはHCCIだけ外したSKYACTIV TECHNOLOGY-2を搭載したマイナーチェンジをした後、本格的なフルモデルチェンジの時にHCCIの投入が濃厚と言われています。

そうなると、2017年末にマイナーチェンじ、2019年度内にフルモデルチェンジというスケジュールになり、こちらが現実的だと思います。

また価格については、HCCIを搭載ならその分が価格反映されて高くなる可能性が大いにあります。たとえばエンジン部分に高圧力がかかるので強度を持つにも、今までにないコストがかかるワケですね。

Sponsored Links

新型アテンザへのお勧め乗換え時期

新型アテンザ発売のスケジュールは先にお話ししたように、2017年末→マイナーチェンジ、2019年内→フルモデルチェンジ(価格も大幅高を予想)と予想しています。

HCCIによる燃費向上への期待と新しいモノへの興味、それとは逆にリスクが高いのでは?と不安とのハザマに揺れますね。

新しいものへの興味はあるけど、初搭載車をどうしても手に入れるほどではない・・・こういうヒトは、マイナーチェンジ後の2018年ごろの購入が良いかもしれませんね。そろそろ新車購入のタイミングに来ている方はこの策がおススメかもしれません。

じっくり派の方は、2019年にHCCI搭載車が発売されたあとの様子を見て、なおかつHCCI搭載後にマイナーチェンジくらいのした時に購入検討をする。これがbetterかなと私は思いますがいかがでしょうか?

Sponsored Links

新型アテンザのまとめ

新型アテンザをご紹介しました。次のタイミングで新しい技術 HCCIが搭載されるか?マツダはかなり難しい判断を迫られているなと感じました。新型アテンザに搭載すれば相当話題になるでしょうし、マツダの快進撃に追い風ですから。

マツダのクルマがカッコいい!と常日ごろ思っています。その注目すべきマツダがHCCI車を近い将来発売する!マツダのファンのみならず世界が大注目しているでしょうね。これは期待せずにはいられません。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links