スズキクロスビー(XBEE)新型の価格、発売日は?ハスラー、イグニスの比較と最新情報

スズキは2017年東京モーターショーで”新型クロスビー”を発表。11月17日ディザーサイトをオープンし情報の一部を公開。クロスオーバーワゴンコンパクトカー新型クロスビー(XBEE)について、ティザーサイト情報を含め、価格発売日燃費など最新情報をお伝えしましょう。

Sponsored Links

新型クロスビー(XBEE)とハスラー

新型クロスビーは、スズキの人気軽自動車ハスラーをリッターカーにしたタイプで登場か?と言われていました。

が、東京モーターショーで聞いたところによると、リッターカーながらもハスラーとは違う系統のモデルとしてクロスビーを発売するとのこと。

実際、11月17日スズキが公開したティーザーサイトは、アウトドア感満載の打ち出し方。

顔はハスラーに似ていますが、可愛さではなくスポーティさが前面に出たモデルなのが分かります。

もともとハスラーはデザインや色、またSUVであることが人気。

ハスラーのリッターカーが欲しいな!と思っていたので、クロスビーを初めて見たときには違和感がありました。なるほど違うモデルなんですね。

だからネーミングもハスラーワイドではなく”クロスビー”。名前はいいなと思います。

でもハスラー版のリッターカーがあればと・・・と思うのは残っていますよ。

Sponsored Links

軽自動車ハスラーの口コミや評判は?

新型クロスビーは現行ハスラーをリッターカーにしたモデル。

ハスラーがどんな評価なのか?参考になると思います。どんな口コミが多いのでしょうか?

ハスラーの良いところ

・何といってもポップでカワイイデザインが好きで特に2トーンが特徴的
・エネチャージの走りは、軽自動車としては大満足
・大きな道路でも遅れることなくスムーズに合流できる
・車内の色あいも車体と合わせてあって、好きな色に囲まれているのは気分がよい
・居住性があり荷物がたくさん積めるところが良い
・リアシートが広く、4人乗っても狭く感じない
・旧モデルに比べて燃費が良くなり家計にやさしい
・走りが静かでなおかつよく走る
・車高が高く、目線や視界が広がるので運転しやすい
・街乗りにピッタリで気軽に乗れて使い勝手が良い
・色が華やかで元気になる

ハスラーは、カラフルな色合いとその独特なデザインが人気ですね。新型クロスビーはデザインこそハスラーを思わせますが、色合いはシックでおとなしいものに変化しています。

この辺りがどう受け止められるのか?微妙なところだと思います。

Sponsored Links

ハスラーの良くないところ

・デザインがユニークすぎて私には合わない
・長時間乗るとお尻が痛くなる
・おもちゃみたいな車内は落ち着かない
・ミラー視界が悪く見ずらい
・軽自動車としては価格が高いのが残念
・燃費が今一つ延びない
・納期が遅く、3か月も待った
・キャストと迷って買ったがやっぱりキャストの方がワンランク上の風格があると思う
・高速道路では大型トラックが横に来ると怖いし、大きく揺れる
・室内の広さ、走り、燃費と使い勝手からいうと中途半端

ハスラーの良いところであげられている、デザインやカラーのユニークさを良しとしない人もいますね。

新型クロスビーはその点、リリース写真では落ち着いた色合いで一般的な白や赤、ブルー色はなく、市販化されるときはどんな展開になるか楽しみです。

ハスラーワイドスズキ新型発売で価格や燃費は?現行ハスラーやトールとの違いは?

ハスラーワイドスズキ新型発売で価格や燃費は?現行ハスラーやトールとの違いは?
スズキの軽自動車 SUVクロスオーバータイプのハスラー。丸いライト、カラフルな色展開が人気の軽自動車です。今度、ハスラーの兄貴分として”ハス...

新型クロスビー(XBEE)MXとMZとは?

新型クロスビーのモデルはディザーサイトによると2つ。

東京モーターショーでのはコンセプト別に3つでしたが、販売はベースモデルの”HYBRID MX”と充実モデルの”HYBRID MZ”。

いずれもマイルドハイブリッドで、駆動式は2WD・4WDを揃え、トランスミッションは6ATになります。

〔MX〕

〔MZ〕

出典:スズキWebサイト

新型クロスビーのパワートレインは?

新型クロスビーに想定されるエンジンは、1.2L直列4気筒デュアルジェットか、1.0L 直列3気筒 VVTターボ「BOOSTER JET」でした。

ティザーサイトによると、1.5L自然吸気並みの1.0L直噴ターボが採用。高出力・高トルクなので走り出しから一気に加速できるエンジンになります。

これにモーターを組み合わせて、マイルドハイブリッドに。

数字は具体的に発表されていませんが、次のように予測しています。

**1.0L 直噴ターボ「BOOSTER JET」**

・最高出力:100ps/5,400rpm
・最大トルク:15.3kgm/1,700~4,500rpm
・トランスミッション:CVT

image

出典:スズキWebサイト

燃費性能が良く、さらにパワフルな走りを持つエンジンになります。

”マイルドハイブリッド”をこのエンジンに組み合わせることで燃費性能は上がります。

私の予想通り、1.0L 直列3気筒直噴ターボ「BOOSTER JET」で落ち着きました。

Sponsored Links

新型クロスビーに4WDシステムを搭載

路面によって走り方を変える本格的は4WDシステムを搭載します。

4つのモードは”スポーツ”、”スノー”、”グリップコントロール”(ぬかるみでの走行)、”ヒルデイセントコントロール”(急な下り坂でのコントロール)。

〔グリップコントロール〕

〔ヒルデイセントコントロール〕

出典:スズキWebサイト

ハスラーもグリップコントロール”(ぬかるみでの走行)、”ヒルデイセントコントロール”(急な下り坂でのコントロール)は採用されています。

クロスビーはスポーツとスノーがプラスされて、スポーツタイプとして充実ですね。

Sponsored Links

新型クロスビーはマイルドハイブリッド採用で燃費は?

新型クロスビーはスズキ自慢のマイルドハイブリッドを採用。

マイルドハイブリッド”は減速時に発電してバッテリーを効率よく充電し、走り出しや加速の燃料がたくさん必要な時に、モーターでアシストする。これで燃費性能をアップさせています。

出典:スズキWebサイト

燃費の発表は未だありませんが、マイルドハイブリッドを採用することで、ハスラーの燃費32.0km/ℓを目標に、新型クロスビーは30km/ℓクリアで進めていると思います。

新型クロスビーのボデイサイズは?

次に気になるのは、ボデイサイズ。ハスラーやイグニスとはどの程度違うのでしょうか。

東京モーターショーでの発表モデルの数字で比較します。

新型クロスビー(1.0L) ハスラー(0.66L) イグニス(1.2L)
全長 3760mm 3395mm 3700mm
全幅 1670mm 1475mm 1660mm
全高 1705mm 1665mm 1595mm

さすがに新型クロスビーはハスラーよりひと回りは大きいですね。
一方、排気量1.2Lのイグニスとの比較は全長が60mm、全幅は10mm、全高は110mm大きくなっています。
特に車高は新型クロスビーはハスラーより20cm、イグニスより10cm以上高くなるので、居住性はかなりよくなりますね。
ただし、全体のバランスはどうなのか?また横風にはめっぽう弱くなりますので、風が強い時の高速運転は気をつけたいところ。

<新型クロスビー>

image

出典:スズキWebサイト

<ハスラー>

image

出典:スズキWebサイト

<イグニス>

image

出典:スズキWebサイト

新型クロスビーのプラットフォームは?

新型クロスビーのプラットフォームは発表が未だありませんが、スズキの多くのクルマが採用している”ハーテクト”になるでしょう。image

出典:スズキWebサイト

部品やその配置などを徹底的に見直して、軽量かつ高剛性化、室内やバッゲージを広くとれているところがいいですね。

新型クロスビーの安全性能は?

安全性能は、MXはメーカーオプションでセーフティサポートパッケージを、MZはデュアルカメラブレーキサポートが搭載されます。

〔デュアルカメラブレーキサポート〕

image

image

出典:スズキWebサイト

ステレオタイプの2つのカメラで、ヒトも、クルマも感知して衝突回避を警告や自動ブレーキで行います。

安全は大切ですから精度が良いものをつけてほしいですよね。ヒトもクルマの両方を感知できるステレオカメラというところがいいと思います。

Sponsored Links

ぶつからないための前方衝突警報機能、警報ブレーキ機能

ステレオカメラで前方にいるクルマやヒトを検知し、ぶつかる!と判断したらブザーと表示で警告。それでもぶつかる可能性が高くなったら警報+ブレーキを弱くかけてドライバーに伝えます。

image

出典:スズキWebサイト

ぶつからないための前方衝突被害軽減ブレーキアシスト

前方衝突警報ブレーキの機能が働いているときに、ブレーキを踏むとブレーキをかける力を高くして助けてくれます。

image

出典:スズキWebサイト

ぶつからないための自動ブレーキ機能

いよいよこのままではぶつかる!とシステムが判断した時には自動で強くブレーキをかけます。

image

出典:スズキWebサイト

これらの機能のほか、停止時に前を走るクルマと4m以上離れても発進しないときに便利な”先行車発進お知らせ機能”、誤ってアクセルを強く踏むことでの衝突を回避する”誤発進抑制機能”が搭載予定です。

<先行車発進お知らせ機能>

image

<後発進抑制機能>

image

出典:スズキWebサイト

衝突についての機能が充実していますので安心です。ただし油断は禁物!ドライバーも意識高く、機能のお世話にならないようにしたいですね。

新型クロスビーMXの特徴は?

新型クロスビーは新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン。広い車内空間を持ち、アウトドアや、買い物などの様々なシーンで便利に使えるコンパクトカーです。

出典:スズキWebサイト

室内空間やバゲッジが広くなることで、利用範囲がハスラーよりもっと広がると思います。

Sponsored Links

新型クロスビーMZの特徴は?

新型クロスビーMZはアウトドアシーンをかなり意識し、MXに加えて防汚タイプラゲッジフロア(写真左)、大容量ラゲッジアンダーボックスが装備されています。

出典:スズキWebサイト

アンダーボックスは取り外しができるのでより便利です

新型クロスビーの発売日と価格は?

新型クロスビーは東京モーターショーで世界初披露し、販売は2018年1月~の予想です。すでに東京モーターショー発表のリリースを終えていますから、発売日は遠くないと思います。

次に価格は正式発表がありません。

ハスラーが108万円~163万円、イグニスが138万円~188万円ですから、新型クロスビーは140万円~200万円と予測します。

デザイン性に優れた新しいモデルですが200万円までに抑えたいですね。どの程度の販売数になるかも今から楽しみです。

Sponsored Links

新型クロスビーとハスラーの自動車税の違いは?

次に気になるのは”自動車税”。軽自動車のハスラーと比較検討するときにはどうしてもついて回りますね。

自動車税のおさらいをしてみると、税を決める排気量区分は軽自動車、1L以下、1L超~1.5L以下・・・。

具体的な自動車税は次のようになり、排気量が1.2Lと1.0Lでは5,000円の違いが。

ハスラーの自動車税は1万円台。比較すると1.0Lの自動車税でさえ約3倍に。私が買うなら毎年払う税金として3万は大きいなぁと感じます。買う側になると気になるポイントですよね。

ハスラー軽自動車:10,800円
新型クロスビー1.0L :29,500円
新型クロスビー1.2L:34,500円

どちらにせよ、ハスラーと比べると大きな出費になりますので参考にしてくださいね。

Sponsored Links

新型クロスビーのお得な買い方、値引きについて

新型クロスビーに関わらず、新車の値引き交渉での注意点を伝えします。

愛車の下取り価格と新車購入は別交渉をすることがおススメです!

私の実体験から言えることですが、ディーラーが付ける下取り価格は低い!からなんです。

下取り価格をあげたいと思う方は、まずはWEBの一括査定が便利でカンタンです。

数社から見積もりが取れます。私の場合は3社にお願いしました。

そして、見積もりの価格差は20万円もあったんです。驚きでした。

結果、ディーラーが出した下取り価格より10万円高い、50万円で愛車を売ることができました。びっくりしますがすべてわたしが経験したことです!

ハスラーの中古車情報

ハスラーの中古車は人気!

新型クロスビーは新しいモデル。購入時の比較対象はハスラーなのかなと思います。そこで参考までにハスラーの中古車情報をお伝えします。

ハスラーも発売開始から4年弱。まだまだ新しいモデルなので、中古車といっても年式は新しいものになります。

人気モデルでで新しい年式ですから値崩れはしていません。

ボリュームゾーンが110万円~160万円、価格帯は61.8万円~255万円

次に、WEBサイトでいろいろと検索した結果をまとめてみました。

総合評価が4.3点は素晴らしい結果です。人気の高さが表れていますね。

平均価格:122.3万円
総合評:4.3点
デザイン:4.7
走行性:3.6
居住性・広さ:3.8
積載性:3.7
運転のしやすさ:4.1
維持費:4.1

Sponsored Links

中古車を選ぶポイントは?

中古車を選ぶポイントは、年式、走行距離、オーナーの数、修復歴は必ずチェックしましょう。

特に、修復歴というのはフレームやピラー(フロントドア前や、フロンドドアとリアドアの間にある縦の柱のようなもの)など骨格に関わるところを修復した時にカウントされます。当たって板金したのは入っていないので注意です。

ハスラーは古くても2014年式ですから新しいですよね。たくさんのカラーも出ていますから、好みのタイプと色などが見つかったらぜひ、店頭で実物をチェックしてくださいね。

その時店員さんには気になるところの質問をお忘れなく。

新型クロスビーのまとめ

新型クロスビーをご紹介しました。

エンジンは排気量1.0Lを採用することで自動車税は抑えることができますね。

また、カラーは発表しているシックな色あいはスポーツモデルを意識していますので、ハスラーのポップな色合いは似合わないかもしれません。

クロスビーはかなり完成度の高いコンパクトクロスオーバーSUVになりそうです。

ハスラーのワイド版は今回お預けになりましたが、クロスビーは期待のモデルですね。

楽しみです。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links

コメント

  1. ポン太 より:

    大きさも凄く変わるわけではないから、コレ買うなら別にハスラーでも…って感じです。
    そろそろ新型ハスラーも出そうですし…。
    自動車税が年間2万円ほど増える価値があるかどうか…。自分ならハスラーに乗って、毎年2万円分の食事か旅行の贅沢をします。
    エアバッグが充実したり、アダプティブクルーズコントロールが付けば話は別でけど…。
    バックドアもいかにも軽自動車って感じの内張りだし、たぶん普通車であっても軽自動車って思われそうなのがオチですね。

    • akocar より:

      ポン太さん、コメントありがとうございます(^.^)
      私もクロスビーよりハスラーに魅力を感じています。税金もしかりですし、リッターカーになってハスラーより充実した部分(エアバックとかクルーズコントロールがつけば確かにいいですね)が何か?私にとってはあまりなさそうです。
      あと、普通車なのに軽自動車って思われそう・・・内張りのチェックでそう感じてるんですね。内装にはあまりお金をかけてないかもですね。
      私は、ハスラーのあの小ぶりなボディとポップな色合いが好きです。軽自動車だからこそイイんだと思います。