ミライース2017フルモデルチェンジで燃費や価格は?安全性能や評判は?

ダイハツミライースが2017年5月にフルモデルチェンジして販売されます。ミライースはダイハツ独自のエコ技術を結集させ、燃費に優れ、低価格で求めることができる人気車種です。安全性能の向上が期待される新型ミライースのフルモデルチェンジについてお伝えしましょう。

Sponsored Links

新型ミライースの燃費、第3のエコカーの実力と価格は?

ミライース燃費の秘密”イーステクノロジー”とは?

ダイハツのミラ イースはミラをベースに”第3のエコカー”として2011年に販売が始まりました。
燃費に大きな影響を及ぼす重さを、クルマそのものの骨格や全面パネルの樹脂、シートの骨格などの軽量化を実現。ミラに比べて60kgもの減量に成功したワケです。

image

出典:ダイハツWebサイト

また、ボディ形状も工夫がなされています。
例えばバンパーの角は空気の流れが良くなるように改良など、徹底的な取り組みで空気抵抗の少ないデザインに仕上げているのです。

image

image

出典:ダイハツWebサイト

さらにはエンジンの改良(圧縮比の向上と燃焼効率UPで少ない燃料で大きなエネルギーを生み出す)とトランスミッションの改良(無駄のない変速ができるようにし、エンジンの負担を軽くした)などを行った結果、燃費の向上も。

image

ダイハツのすごいところは、他のメーカーがハイブリッド、電気自動車などのように、バッテリーやモーターを加える技術の採用ではなく、減らすことに注力をし燃費を上げたこと。
着眼点の良さが素晴らしいです。エコ技術結集の”イーステクノロジー”はダイエット技術というところでしょうか。

Sponsored Links

ミライースのアイドリングストップ”新エコアイドル”とは?

”イーステクノロジー”のエコ技術はこれだけにとどまりません。よく聞く”アイドリングストップ”もダイハツ特有のシステムを採用。さらに燃費向上にひと役かっています。
通常アイドリングストップはクルマが停まるとエンジンも止まるという仕組みで、 ”イーステクノロジー”は停まる前から早めにエンジンを止めるという発想
11km/h以下になったら止まるしくみなので、他社のアイドリングストップよりも約10%ほど燃費効率が上がるようです。
image

出典:ダイハツWebサイト

この”新エコアイドル”は、渋滞時や、駐車のために低速で動いているときには作動しません。安心して使えそうですね。
実際に使っている人の声は、”早くエンジンが停まるので、信号の変わり目でもたつく”、”エンジンが早めに停まることで燃費がいいなぁと実感できる”などいろいろな意見があるようです。
慣れるまで少しあれ?と思うこともあるでしょう。燃費よく走れるのは結果的にいいなぁと思います。

image

出典:ダイハツWebサイト

あと、小さなことですがランプ類をLEDに変えることで、消費電力をも減少。
コストはかかりますが、ランプとしての持ちは良く、消費電力を低く抑えれるのは一石二鳥です。

image

出典:ダイハツWebサイト

新型ミラ イースの燃費は?

イーステクノロジーによっての大きな改良、新しいアイドリングストップの”新エコアイドル、幅広く小さなことの積み上げは、燃費向上につながりました。

燃費向上率は従来比のなんと40%。現行ミラ イースの燃費はJC08モードで35.2km/ℓと画期的に改善されたのです。
ただし、ライバル車のスズキ”アルト”はエネチャージ搭載で燃費37.0km/ℓと、溝をあけられている状況。

ミライースはガソリン車としてはとても燃費の良いクルマ。
新型ミラ イースの方針が、今までどうりエコ技術結集の方針であれば、目標燃費はアルトの37.0km/ℓ以上と予想されます。

それとも、トヨタ傘下のダイハツであれば、プリウスやアクアで築き上げたハイブリッド技術を軽自動車バージョン化することも視野に入ります。その場合は40.0km/ℓの燃費も夢ではないのかもしれません。

しかしながらハイブリッド化は今回は見送り、または遅れて発売されるという情報も聞こえています。実現すれば面白くなると思うのですがどうでしょうか。

Sponsored Links

新型ミラ イースの価格はどうなる?

ミラ イースの特徴のひとつといってもいいのが、低価格設定です

最近の軽自動車は燃費向上のためにハイブリッド化することでバッテリー、モーターを追加。また安全性能の充実も各社が競争するようになってきています。それはそれでとてもよいコトですが、どうしても価格に跳ね返ってくるのが残念。

例えば最大のライバル、

・スズキアルト:約85万円~
・ホンダのワゴンR:約108万円~
・同じダイハツのタント:122万円~

という価格になっています。

ところが現行のミラ イースに至っては、驚異の約77万円からの価格設定。
燃費向上のため、徹底的に部品の軽量化や効率化を図り、価格にひびかないイーステクノロジーの開発は、価格面でも効果大でした。なのでミラ イースは低価格と燃費効率の良さの両方を持ち合わせているワケです。

この低価格設定は、いろんな機能は無くてシンプルでよいというドライバーにはお勧めですね。

私は新型ミラ イースもこの路線を続けてほしいと思っていたのですが、今回は安全性能の向上などでおおよそ10万円アップ。80万円台後半からの設定になりそうです。

Sponsored Links

新型ミラ イースの安全性能は?

現行ミラ イースの安全性能について

現行ミラ イースの安全性能は次の3つ。
1.低速衝突回避支援ブレーキ
2.誤発進抑制制御機能(前方)
3.先行車お知らせ機能

ダイハツの安全性能のランクでは1番簡易なものとなっています。

新型ミラ イースについては、上記の3つをパワーアップさせたものを含んだ”スマートアシストⅢ”を採用するようです。

新型ミラ イースに搭載の安全性能”スマアシⅢ”について

◆衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(車両、歩行者)

クルマ、ヒトの両方に対応している、衝突回避支援の機能です。
前に走るクルマや人を検知し、ぶつかると判断したら警告音とディスプレイ表示でお知らせ。それでも危険がある場合は、ブレーキをかけて対応します。

image

image
image

出典:ダイハツWebサイト

出典:you tube

◆車線逸脱警報機能

車線を認識してクルマがはみだそうになるとドライバーにお知らせ。ステレオカメラでアシストしてくれます。

image

出典:ダイハツWebサイト

◆誤発進抑制制御機能(前・うしろ)

前はステレオカメラで、うしろはソナーセンサーにより、壁や障害物を検知し急発進を抑えてくれます。
最近、ブレーキとアクセルの踏み間違いの事故をニュースでよく聞くようになりました。
私のクルマにはこういう機能がついていないので、注意を怠らないようにしなくては・・と思います。

imageimage

出典:ダイハツWebサイト

◆先行車発進お知らせ機能

ブレーキペダルを踏んでいるときに、前のクルマが発進したのを気づかずにいると、音とディスプレイ表示でお知らせ。
うっかりしていて前のクルマが発進したのを気づかない時に、”気づくをアシスト”。

image

出典:ダイハツWebサイト

◆オートハイビーム

ハイビームとロービームを前の明るさで判断し、自動切換えしてくれます。
夜道の運転をアシストしてくれる機能です。

image

出典:ダイハツWebサイト

以上が、”スマアシⅢ”ことスマートアシストⅢの機能です。
軽自動車では2016年11月に新型タントに初採用したばかりで、新型ミラ イースは2車種目。早くも搭載となりそうです。

出典:you tube

コーナーセンサーの採用も

新型タントに搭載している後ろ側についているセンサー。
死角になるところに障害物があれば警告音でお知らせしてくれる機能。新型ミラ イースにも搭載の情報があります。
車庫入れやバック走行が怖くなくなりそうで、うれしい機能ですね。

image

出典:ダイハツWebサイト

新型ミラ イースの乗り心地や選ぶポイントは?

現行のミラ イースの乗り心地は、ユーザーの声として、”長時間の運転は疲れる””エンジン音などのノイズが大きくてうるさい””硬い感じがする”などが聞かれます。

新型ミラ イースはこの辺り、大きな変更・改良はない予定。様々な軽量化に注力したクルマなので、乗り心地の重要度は低いと思います。

”燃費よく低価格な車種としては許される範囲”というユーザーの意見も、なるほど納得できるところです。

新型ミラ イースを選ぶポイントは、”低価格・燃費重視”です。これらの特徴を知ったうえで、ミラ イースが魅力的と思う人はぜひ検討してほしいですね。

Sponsored Links

まとめ

新型ミラ イースの情報をお伝えしました。
今回の新型ではハイブリッド化はなさそうで、燃費の飛躍的な延びは期待薄です。ライバルのアルト37.0km/ℓの燃費差は残念ながら詰め切れないでしょう。

一方、安全性能については新型ミラ イースはダイハツ車として1番充実した”スマアシⅢ”を搭載予定。アルトとの差別化はこの点ででてくると思います。

アルトの燃費、新型ミラ イースの安全性能、どちらを重要視するかをよく考えて検討していきたいですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links