スバルレヴォーグのビッグマイナーチェンジD型は2017年6月ごろか

レヴォーグはレガシーから引き継がれ、今やスポーツワゴン売れ筋のクルマ。6月にはビッグマイナーチェンジをしてD型へ変わるという話が聞こえてきています。すでに先日の「スバルグローバルプラットフォーム」の記者会見では2017年度にアイサイトのバーションが上がることは発表されていますので、レヴォーグD型への採用も期待されます。レヴォーグC型の性能と合わせてD型はどうなるのか、、をご紹介します。

Sponsored Links

スバルの総合安全とアイサイトVer.3の運転支援システム

スバル独自の安全技術は飛行機メーカーとしての誇りやポリシーが色濃く出ていると感じます。これを4つの安全として0次安全、走行安全、予防安全、衝突安全の切り口で”スバルの総合安全”として打ちだし。20年以上前から開発を続けていたステレオカメラはアイサイトVer.3では車や歩行者、自転車、はたまた白線やガードレールまでの距離や形まで認識。カメラの視野角と視認距離の拡大とともに画像はカラーになりました。次のD型ではバージョンアップされたアイサイトの搭載はほぼ間違いないでしょう。

image6

写真:ステレオカメラ  出展:スバルWEBサイト

プリクラッシュブレーキで衝突回避

前方についているステレオカメラで監視。自動ブレーキによる衝突回避を目指し、衝突の危険がある時にはドライバーに知らせて、自動的に減速、もしくは停止します。

image7

出展:スバルWEBサイト

image

出展:スバルWEBサイト

クルーズコントロール/追従機能付き

安全に前方のクルマを追走する機能。クルーズコントロールをセットし、高速道路など広い車速域(0Km/h~100Km/h)で前を走る車に追従走行。例えば渋滞の時は先行車を検知すると減速し、一定の車間距離を保って走ることができます。車の認知性能アップでスムーズで自然な減速・加速が実現することでドライバーの疲れも軽減できます。

image10

出展:スバルWEBサイト

アクティブレーンキープの改良 ”はみ出さない技術”

約60km/h以上で走っているときに車線からはみ出そうとすると、”はみ出さない技術”でドライバーをサポート。前モデルとの違いは対象走行スピードが65km/h以上だったのが約60km/h以上に改良されていますので、さらに安全性が高まったといえます。長時間運転の時などはドライバーの強い味方ですね。

image

出展:スバルWEBサイト

さらには[警報&お知らせ機能]や[AT誤発進抑制制御]&[AT誤後進抑制制御]を含めた機能によりアイサイト搭載車は追突事故率が激減。アイサイトを搭載していない車に比べて追突事後率が84%減少したという驚異の安全性能。

前面にあるステレオカメラで前方をしっかり見て、さらには衝突回避のプリクラッシュブレーキのしくみ、アクティブレーンキープなどによって事故を回避できるワケです。

Sponsored Links

スバルレヴォーグの走行性能と燃費

エンジンと燃費

走りが人気のレヴォーグは全車種4WDでエンジンはターボで2種類。ダウンサイジングターボエンジンの「1.6 DOHC 直噴ターボ“DIT”」と2.0ℓハイパフォーマンスの「2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”」の用意があります。1.6ℓの燃費はJC08モードで17.6Km/hとダウンサイジングの効果がてき面で環境に優しい。一方2.0ℓは同じくJC08モードで13.2km/hと燃費の面ではやや物足りなさを感じますが、全車種に4WDを搭載しているがゆえに、これ以上の加重ができずハイブリッドはまだなのか、、、と想像します。全体的にはスバルらしい”走ることを重視”しているわけなのでツーリングやレジャーにはピッタリくるはずです。

水平対向エンジン”SUBARU BOXER”

”BOXER”と呼ばれる水平対向エンジンはSUBARUが1966年~採用し完成度が高いことでも有名。左右のピストンが水平方向に行ったり来たりする様は、パンチを出し合っているボクサーみたいに見えるから”BOXER”と名づけられたよう。多くのスバルファンが”走りが良い!”と絶賛するのは”振動が少ない”かつ”低重心で安定性が高い”ことが証明し、理想のパワーユニットとしての仕上がり、滑らかなエンジンフィール、軽量・コンパクトが魅力です。

image31

image36

出展:スバルWEBサイト

スバルレヴォーグのLINE UP

レヴォーグの価格帯は1.6ℓのアイサイト 2,778,600円から2.0ℓのスポーツアイサイト3,942,000円まで、

ボディーカラーの展開は最大8つで色によって価格がアップ。

●クリスタルホワイト・パール※ →32,400円高(税込み)
●ピュアレッド
●ダークグレー・メタリック
●クリスタルブラック・シリカ
●スティーブブルーグレー・メタリック
●アイスシルバー・メタリック
●ラピスブルー・メタリック
●WRブルー・パール(STI Sport限定色)

image

image

image

出展:スバルWEBサイト

尚、レヴォーグの塗装はかなりのモノ。下塗りから数えて5つ目の塗装は新クリアを採用。塗装を重ねることで凸凹感を少なくして仕上がりのクオリティを上げました。

Sponsored Links

新型レヴォーグD型の特徴

C型との一番大きな違いはアイサイトのバージョンアップでver.4が搭載される可能性が高いことです。

アイサイトver.4搭載はほぼ確実か

スバルはアイサイトを進化させた準自動運転機能”レベル2”を搭載したクルマ(同一車線上において、レーンをキープする渋滞追従機能を搭載)を2017年に一般市場にて販売すると発表をした模様。

次のレヴォーグではこのバージョンアップされたアイサイトが採用されるのはほぼ確実。この”レベル2”とは「加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態を指します。(日本政府の自動走行システム研究開発計画書の定義より)

バージョンアップすることで先行車追従機能や自動ブレーキに加えて一部のハンドル操作が自動になり、今まで以上にドライバーの負担は軽くなります。

2020 年代後半以降の市場販売を目標にしている”レベル5”のような完全自動運転にはまだ遠いですが、ここ数年で自動運転機能が着実に新化してきたと感じます。完全自動化するまであとしばらくはドライバーが判断して運転・対応する状況は続きそうですですね。

具体的なところでは、今のアイサイトの自動運転機能「全車速追従機能」と「アクティブレーンキープ」、このアクティブレーンキープは速度60km/h以上、例えば渋滞などで遅い速度の時は白線を認識できずドライバーのハンドリングが必要。しかしながらバージョンアップされたアイサイトでは低速時(0~65km/h)や、またカーブがあっても白線がくっきり見えている高速道路のようなところではレーンキープが出来るのです。これで一歩、自動運転に近づいたワケです。

スバルレヴォーグのまとめ

いかがでしたか?今やスバルの売れ筋になったレヴォーグ。

サイズでいくとレガシィとインプレッサの間で、排気量は1.6ℓと2.0ℓの2種類。ターボと4WDで高速道路もスムーズ&ラクラクで雪道にも強い!やはり走ることはかなりの高評価を得ているようですね。

また乗り心地は固めという意見が多いですが、安定感のある走りは十分に期待ができそうです。このスバルレヴォーグですが営業さんに聞くところによると、現在注文をしたら3か月後の納車だそうです。この状況はほかの車種も同様のようでスバルの全車種に及んでいるとか。急いでいる方は早い決断で注文をかけるのが賢明です。

スバルレヴォーグ、現行のC型も相当魅力的ですが、少し待ってD型という選択は大いにありですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links