新型マツダCX5フルモデルチェンジでクリーンディーゼルエンジン搭載で燃費は?

マツダ新型CX5が2月2日フルモデルチェンジで販売をスタート。2012年の発売から5年が経ちマツダ自慢の”SKYACTIV TECHNOLOGY”を全面的に採用。燃焼効率に優れたクリーンディーゼルエンジンを搭載し、安全性やデザイン性が高く上質な乗り心地を実現。いま世界で一番注目されているSUV新型マツダCX5をご紹介しましょう。

Sponsored Links

新型マツダCX5はSKYACTIV TECHNOLOGYが進化

新型CX5にはSKYACTIV TECHNOLOGYの次ステージ、SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)を採用。
エンジン、トランスミッション、シャシー、ボディの個々のユニットをトータル制御した「人馬一体」の走行を高めている。

image

出展:マツダWebサイト

世界初のG-ベクタリング コントロール誕生

SKYACTIV TECHNOLOGYが進化版、SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSとして開発されたG-ベクタリング コントロールは、堂々 世界初の新しい技術。
運転する人によって「走る・曲がる・止まる」というクルマの動きは千差万別。その動きによって発生するのがG(重力加速度)で、同乗者はドライバーの運転によって体が大きく揺れたりして乗り心地が悪いことも。
運転荒いなぁとか、ブレーキのタイミングが自分とは違うと、前の車にぶつかりそう・・・と体に力が入ったりなど不快な経験は誰でもあるでしょう。マツダのG-ベクタリング コントロールは車と体の動きを一体にして、ドライバーの運転技術の良しあしを問わない快適さを実現したのです。
image

出展:マツダWebサイト

G-ベクタリング コントロールのメカニズムは、これまで別々に制御していた横と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロール。この技術って”車速とハンドルの舵角を制御信号に使っている”というシンプルなものらしい。
例えばふつうは、ハンドルを右に切ってもすぐには右に曲がらない・・のでハンドルの切りすぎが起こる→切りすぎた分を左に戻す、というような作業が繰り返し行われ、元の走っているラインに戻る。切りすぎ→もとに戻す、切りすぎ→元に戻すを繰り返している。

これがG-ベクタリング コントロールでは、ドライバーにはわからないレベルで、トルクを減らし前に重心をかける→ハンドルを切った時の反応が早まる→ハンドルの切りすぎが少なくなる→ハンドルを戻すとトルクも戻る→通常の走りに戻る、という動きに。
結果ハンドルの切りすぎが減って繰り返し行われていたハンドル修正が少なくなり快適になるということ。

さらにはこの機能、理論的にはコンピューターのプログラムを変えるだけで、すでに販売されている車に展開できるかも、、、だそう。
一度、ON/OFFを体験して実感してみたいのですが、残念なことにCX5にはOFF機能はないそうです。ま、プロモーションならいざ知らず、わざわざOFFする必要はないということですね。

Sponsored Links

「人馬一体」を実現するプラットフォーム

CX5のプラットフォームは軽量ながら高い剛性と、走る・曲がる・止まるというクルマの基本性能が飛躍的に向上。約100kgも軽量に成功させマツダの「人馬一体」の思想がここにも表れています。

◆SKYACTIV-BODY

高性能軽量シャシーは従来比8%の軽量化と30%剛性アップでSKYACTIV-BODYの最大の特長
基本骨格の高い剛性と軽量化を両立させるために、”基本骨格のストレート化”、各部の骨格は連続させる”連続フレームワーク”をコンセプトに、衝突安全を高めるために骨格全体で衝撃を受け分散させる「マルチロードパス構造」を採用。

image

出展:マツダWebサイト

◆SKYACTIV-CHASSIS(スカイアクティブ シャシー)

SKYACTIVシャシー技術の狙いは、

・軽量化は必要だけど、剛性は保たなければならない
・低中速で走った時の車の取り回しの良さと、乗り心地

などの相対する特性を両立し、同時にシャシーを軽量化することで、一体感・安心感・快適性を高めた走りの質向上。これを達成できたわけです。

image

出展:マツダWebサイト

新型マツダCX5の燃費について

新型CX5はクリーンディーゼルエンジン搭載で燃費向上

今は環境にやさしいと謳われているクリーンディーゼルエンジン。環境保護に敏感なヨーロッパではガソリン車とディーゼルエンジン車はおおよそ半々の保有で、エコカーとしての普及が急速に進んでいます。
ひとむかし前はディーゼル(=軽油)は”黒い煙を吐き出しながら、大きな音で走る車”という良くないイメージでしたが、昨今のディーゼルエンジン車は排気ガス(PM(マイクロメートル単位の微粒子)、NOx(窒素酸化物)排出量規制に対応)や騒音など負のイメージは現代の技術によりクリアになっています。

image

出展:マツダWebサイト

◆クリーンディーゼルエンジンの魅力と燃費

ハイブリッド車が巷を賑わせている中、クリーンディーゼルという新しいディーゼル車が注目されています。大きなトルクでスムーズな加速が楽しめるのもディーゼルエンジンの魅力のひとつ。またマツダのクリーンクリーンディーゼルは世界一低い圧縮比14.0で大幅な軽量化、静かで、振動が少ないのも特徴です。

image
出展:マツダwebサイト

環境にやさしいクリーンディーゼルエンジンは、クリーン、パワフル、エコノミーの3つの特徴をもつ。

1.クリーンとは・・・粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX)などの排出量が少ないクルマで、そもそもディーゼル車はCO2排出量は少なくなっています。
2.パワフルとは・・・どんなシチュエーションでも思いのままに加速してくれ、さらにはディーゼル車特有のカラカラといった乾いた音は気にならないほど静か。スムーズな走りが楽しめるようになりました。
3.エコノミーとは・・・燃料はご存知ように軽油。レギュラーガソリンとの比較で2割~3割は軽油が安く、実際、4月5日現在で軽油は101円、レギュラーガソリンは125円と軽油は2割ほどお手頃。さらに、クリーンディーゼルエンジン車はガソリン車よりも熱効率が2割ほど有利。総合して考えてると燃料(軽油)と燃費のダブルでお得!ということ!!

image

新型CX5の安全性能「i-ACTIVSENSE」が搭載

i-ACTIVSENSE」は2012年の初導入。「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」という安全思想のもと、「すべての環境で、全方向のすべての障害物」を認知できるクルマを目指し続けてドライバーをサポートします

image

image

出展:マツダWEBサイト

危険認知支援技術

◆交通標識認識システム(TSR)

交通標識をカメラで読み取ってその情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。
読み取る交通標識は、

・速度制限
・進入禁止
・一時停止
・追い越し禁止
・はみ出し禁止

スピードの出しすぎ、一時停止に対する警告などドライバーなら一度はヒヤリとした経験がありそうなポイントが抑えられていますね。また、進入禁止を逆走したらを警告するのも最近の年齢の高いドライバーの運転ミス故防止には効果的かもしれません。いずれにせよ安全第一で運転できる、そんな運転支援です。

image
出展:マツダWEBサイト

◆アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

夜でも昼間のように前を見やすくるすように、ライトを自動点灯、自動消灯してくれる機能。薄暮でいつライトをつけようか?なんて考えなくてもよくなりました。
またすれ違う車への配慮としてハイビームでも眩しくしない”グレアフリー(防眩)ハイビーム”、高速走行時(約95km/h以上)にヘッドライトの光軸を自動で上げることで、障害物や標識が今までよりも早く見れるようサポートする”ハイウェイモード”などがあります。先代のLEDが4ブロックだったのが新型は12ブロックと細かく分けて性能を上げています。

image

出展:マツダWEBサイト

◆ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)は接近してくる車を検知すると検知した側のドアミラー鏡面についているインジケータが点灯。その時に車線変更をしたくてウインカーを出すとインジケータ点滅と警告で車線変更をやめるようにと教えてくれます。
リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)はバック走行のときに車を検知し警告してくれるもの。バックする時の視野は狭くて真後ろ以外は結構見えにくいもの。左右から近づく車をフォローしてくれれば事故も防げそうです。

image

出展:マツダWEBサイト

◆ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

運転し始めのドライバーの運転情報を学習し、それと比較して異常な運転をすると警告をしてくれる機能。

image

出展:マツダWEBサイト

危険認知支援技術、運転支援技術

◆レーンキープ・アシスト・システム(LAS)&車線逸脱警報システム(LDWS)

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)は車線をはみ出ないように運転をサポート、車線逸脱警報システム(LDWS)では車線を越えそうになると音で警告します。例えば右側に越えそうになると右から、左側に越えそうだと左から警告音がなる仕組みで、とっさにどちら側に踏み越えそうなのかを判断できるようになりました。

image

出展:マツダWEBサイト

◆マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]

前を走る車との車間距離を設定した距離を自動的にキープして車速をコントロールするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)。マツダのレーダークルーズコントロールは速度域が広く停車状態を含めて0~100km/hまで対応します。

また、前の車が止まると減速して停止。再発進はドライバーが行いその後は再び前の車に合わせて速度調整。さらには前の車が発進したことを教えてくれる”先行車発進報知機能”も装備。
高速道路での長距離運転や、渋滞時にも活躍しそうですね。ただ、ドライブを楽しむ・・・という点では面白みに欠けるようにも思います。安全運転で走りを楽しむことも忘れたくないですね。

image

出展:マツダWEBサイト

衝突回避支援・被害軽減技術

衝突に対しても手厚くサポート。ぶつかることへの徹底した対策が伺えます。先代の赤外線レーザー検知のみから進化して、カメラ検知やカメラとセンサーを使っての検知でブレーキの性能はアップしています。

◆アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)&AT誤発進抑制制御[前進時]

カメラやフロントの超音波センサー前に見える歩行者(約10~80km/h走行時)、車(約4~80km/h走行時)をカメラ検知して衝突回避をサポート。
またAT誤発進抑制制御ではカメラやフロントの超音波センサーを使って障害物物を検知し、べダルの踏み間違いでの誤発進や急激な加速を抑えます。
後退時にもブレーキをサポート。超音波センサーで障害物を捉えたら、対応してブレーキを自動制御。衝突被害を軽くします。

出展:マツダWEBサイト

◆スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)&AT誤発進抑制制御[後退時]

超音波センサーで障害物をとらえたら、ブレーキを自動で制御して衝突被害を少なくします。
image

出展:マツダWebサイト

新型CX5の研ぎ澄まされたデザインと価格

最近では女性がSUVを運転しているのをよく見かけるようになりましたね。以前はSUVは大きくてどっしりした感じで、いかにも男性向けの車のイメージが強かったのですが、今は女性が運転していると”かっこいいなぁ”と思えるほど。
デザイン性に富んだ豪華でまた優雅な車として認知されてきたのでしょう。私も次の買い換えではSUVがほしいなぁ・・なんて考えている今日この頃です。

Sponsored Links

マツダの「魂動デザイン」

職人の手塗りに匹敵するかのような質感マツダはクルマではなく「オブジェ」をつくる、美しさを追及するという思いと執念を持つ。マツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」はクルマに命を与えることだとも言う。
SUVはとかく無骨な感じがあったのがこの「魂動デザイン」によって、目覚ましくデザイン性のすぐれた車へと変化していった。これは女性ドライバーが増えるのも納得のところ。
魂動デザイン」の思いは塗装技術にまで及び、職人の手塗りに値するような質感「匠塗 TAKUMINURI」として開発。発色から反射までを計算尽くして作られている。マツダが持つデザインと技術をすべてつぎ込んだ力作が新型CX5といえよう。

出展:マツダWebサイト

上質な室内インテリア

ドライバーの常に視界に入るインパネは一番気になるところ。まず私が気に入ったのはにエアコンの吹き出し口のデザイン。アクセントになりスマートな感じがいいですね。また、中心部にあるディスプレイはダッシュボードに鎮座し、シフトレバーのすぐそばにある丸いコマンダーで操作。シフトレバーは先代から60mm高くなり使いやすさが向上。

image

出展:マツダWebサイト

また、人間工学により設計されたシートは体を支えて包んでくれると好評。アームレストは中央とドア側の高さを合わせることでバランスがよくなり、後ろの席はなんとリクライニング機能が追加。リラックスしたポジションでラクに乗れるようになりました。

image

image

出展:マツダWebサイト

また、ディテールデザインにも徹底的にこだわり、上質感がさらにアップします。

image

出展:マツダWebサイト

色展開は8色で※印は特別塗装のため追加価格(税込)ありです。

・スノーフレイクホワイトパールマイカ ※32,400円
・ジェットブラックマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック ※75,600円
ディープクリスタルブルーマイカ
マシーングレープレミアムメタリック ※54,000円
ソニックシルバーメタリック
チタニウムフラッシュマイカ
エターナルブルーマイカ

新型CX5の価格

新型CX5はガソリン車が2.0リットル(FFのみ)と2.5リットル(4WD、LパッケージのみFF選択可)の2種類、ディーゼルエンジンは2.2リットルのみ。

◆ガソリン車(すべて税込)
<2.0リットル(FFのみ)>
20S       ¥2,462,400
20S PROACTIVE ¥2,689,200
<2.5リットル(4WD、LパッケージのみFF選択可)>
25S      ¥2,689,200
25S PROACTIVE ¥2,916,000
25S L Package    ¥2,986,200 ¥3,213,000
◆クリーンディーゼル車(すべて税込)
<2.2リットル>
XD(2WD/4WD)  ¥2,775,600 ¥3,002,400
XD PROACTIVE(2WD/4WD)¥3,002,400 ¥3,229,200
XD L Package  (2WD/4WD) ¥3,299,400 ¥3,526,200

新型CX5まとめ

今回は2月2日に発売を開始したCX5をご紹介しました。燃費がすこぶるよくて、環境に優しいクリーンディーゼル、また細部までにも気合が入った豊かなデザイン性と世界初のG-ベクタリング コントロールはとても気になるところ。

マツダの収益を4割も占めているといわれるCX5は本社工場での生産に加え、防府でも生産することを決め需要に応える構えをみせている。
SUVの人気はどこまで続くのか、目が離せないほどワクワクしますね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links