スズキ新型ワゴンRフルモデルチェンジでついに2017年2月販売開始!

スズキ新型ワゴンRが軽ワゴンNO1の低燃費 「マイルドハイブリッド」を搭載して2017年2月フルモデルチェンジしました。軽自動車で初の「マイルドハイブリッド」、人と車を感知して衝突を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」、軽自動車初の「ヘッドアップディスプレイ」の搭載、広くなった室内空間など。うれしい機能満載の新型Rワゴンを紹介しましょう。

Sponsored Links

スズキ新型ワゴンRは軽ワゴンNO1の低燃費

「マイルドハイブリッド車」の新型ワゴンR。ハイブリッドということは充電のためのバッテリーを積んでいるわけで車自体は重くなる、、、本当にそれでも燃費はいいのかな?の不思議を説明してみましょう。

新型ワゴンRの燃費はなんと33.4km/h

軽ワゴンNO1の低燃費33.4KM/L。スズキが開発したマイルドハイブリッドは発電効率が高い「ISG(モーター機能付き発電機)」で減速した時にそのエネルギーを利用して大容量化したリチウムインバッテリーと鉛バッテリーに充電。クリープ走行時はモーターだけで走って、発進から加速時はモーターでエンジンをアシストします。

image

出展:ISG(モーター機能付き発電機)

また、スズキのグリーンテクノロジーはいつものように運転するだけで電気の力で低燃費。

またハイブリッドだとどうしてもバッテリーを積むので重くなりがちですが、新プラットフォーム「HEARTECT(ヒーテクト)」は軽くておまけにボディには超高張力鋼板を使っています。

だから軽量化が成功したのででエンジンに負担をかけることなく低燃費が実現できました。

image

新しいアイドリングストップシステム

ブレーキを踏んで減速して約13km/h以下になるとエンジンを自動で止めてから次の始動までのガソリンをカットします。

新アイドリングストップシステムは燃費を抑えて無駄なガソリンを使いません。

アイドリングストップ後はためた電力で、スタートする時モーターの力だけでクリープ走行ができるんです。またアイドリングストップ中には今まで使いにくかったエアコンは、エアコンを優先させたり、ガソリンを使うのを抑えたりとドライバーが設定することができるようになりました。

image

出展:スズキWEBページ

新型ワゴンRの特徴

ヘッドアップディスプレイは軽自動車初!とデュアルセンサーブレーキサポート

軽自動車初のヘッドアップディスプレイを採用。ドライバーの視線の先のダッシュボード上のヘッドアップディスプレイは、運転中の視線移動を減らして安全運転をサポートします

私、マツダのアクセラに乗ったときにこのヘッドアップディスプレイを体験しましたが、前を見て運転しているそのままの視線でいろんな情報がスムーズに目に入って来ました。マツダ アクセラのハイクラスに搭載のへッドアップディスプレイが新型ワゴンに搭載されているのは本当にいいですよね。

image

出展:スズキWEBページ

また、衝突回避をサポートする単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせたデュアルセンサーブレーキサポート。人も車も両方とも検知してくれて衝突しないようにサポートしてくれます。

そのほかに「前方衝突警報機能」「自動ブレーキ機能」「誤発進抑制機能」「ふらつき警告機能」などなが搭載されていて万が一の危険を予防してくれます。

image

image

出展:スズキWEBページ

次にハイビームアシスト機能対向車や先行車がいるときには自動にロービームに、いなくなると自動でハイビームに切り替えてくれるかしこい機能です。暗い道もこれで安心して運転できますね。

image

出展:スズキWEBページ

アンブレラホルダーなど車内はスッキリ収納満載

軽自動車初のアンブレラホルダー(リアドアの両側)で雨にぬれた傘の収納はバッチリ。傘についた雨水は車内に溜まることなく外に出る仕組みはうれしいですね。

image

出展:スズキWEBページ

あと、荷物はラゲッジアンダーボックスはベビーカーを立てておくことができるスペースがあるし、荷物をラクに積める大きな開口部になっています。案外荷物も入りそうですね。

image

image

出展:スズキWEBページ

また、リヤシートを倒したりして、長い荷物や大きな荷物、フルフラットではまるでもう一つ自分の部屋ができたみたいにくつろぎの空間を作ることができます。いろいろなアレンジで社内のスペースをうまく使えそうです。

image

出展:スズキWEBページ

全方位モニターで見えないところが映るから安心

7インチの大型画面に4つのカメラで映した映像を車の真上から見たように確認ができる全方位モニターは優れもの。(HYBRID FZ・HYBRID FXにメーカーオプション)運転席からは見にくいところが確認できるから、例えば苦手な縦列駐車もスムーズになります。

image

image

出展:スズキWEBページ

あと、狭い道の通行には全方位モニターの助手席側のサイド映像でギリギリのすれ違いもドキドキせずに走れます。

imageimage

出展:スズキWEBページ

新型ワゴンRのお値段

新型ワゴンRは今までご紹介してきたように、軽自動車NO1の低燃費、マイルドハイブリッド搭載、軽自動車初のヘッドアップディスプレイやアンブレラホルダー、デュアルセンサーブレーキサポートなど多彩な機能が満載の新型ワゴンR

お値段はマイルドハイブリッドを搭載していない

FAが2WDは1,078,920円、4WD1,202,040円、マイルドハイブリッド搭載は2WDが1,177,200円、4WDが1,298,160円、

HYBRID FZは2WDは1,350,000円、4WD1,470,960円となっています。

色の展開はFAとHYBRID FXは10色とバリエーション豊富で内装はFAはべージュのみ、HYBRID FXはベージュとブラックを選ぶことができます。

image

フェイスデザインは、丸みを帯びていてやわらかな感じ。ヘッドランプの上側に配置されたウィンカーは特徴的でイメージアップに繋がっていると思いませんか?

imageimageimageimageimage

imageimageimageimageimage

出展:スズキWEBページ

HYBRID FZは8色展開で内装はブラックになります。

image

フェイスデザインはヘッドランプが2段仕様で端正な顔立ちですね。

imageimageimageimage

imageimageimageimage

出展:スズキWEBページ

新型ワゴンRのSTINGRAY(スティングレー)

新型ワゴンRの3つ目の顔であるターボエンジンを搭載したSTINGRAY(スティングレー)。HYBRID X 2WDは軽自動車NO1の燃費 33.4km/L、ターボエンジン搭載のHYBRID T 2WDは28.4km/Lと軽ワゴン ターボ車でNo.1の低燃費を実現しています。

スティングレーはカタログでは真っ黒な牛が載っていて訳すと「牛」なのかと思うほどですが、実は直訳すると「赤エイ」です。本当のところはSTING(刺激)とRAY(光線)の造語だとか。

夜の闇を切り裂く光線をイメージしていて、メッキの加飾を施しブラックパール塗装のフロントグリル、縦長のLEDヘッドランプは後方に流れるように伸びているデザインはまさに「刺激光線」という感じですね。

image

出展:STINGRAY(スティングレー)WEBサイト

搭載機能は新型ワゴンRとほぼ同じで、マイルドハイブリッド、軽自動車初のヘッドアップディスプレイやアンブレラホルダー、デュアルセンサーブレーキサポート、全方位モニターなどが搭載されています。

スティングレーはすべて税込みで、

Lが2WDは1,293,840円、4WDが1,414,800円、

HYBRID Xが2WDは1,488,240、4WDが1,609,200円、

HYBRID Tが2WDは1,658,880円、4WDが1,779,840円となっていて、

色は各クラスともに6色展開です。

新型ワゴンRは好調な売れ行き

2月にフルモデルチェンジしたワゴンRの売れ行きはどんな感じでしょうか。先日発表された2017年2月の軽乗用車販売ランキングでは1月のベスト10位圏外から堂々の4位(12,585台)に食い込みましたが、トップのホンダN-BOXには台数で7000台も及ばなかったようです。

2017年2月 軽乗用車販売ランキング(軽自協調べ・速報)

1位 ホンダ N-BOX  19,429台

2位 日産 デイズ  16,093台

2位 ダイハツ タント 15,102台

4位 スズキ ワゴンR  12,585台

5位 ダイハツ ムーヴ  11,312台

6位 スズキ スペーシア  10,925台

7位 ホンダ N-WGN  8,599台

8位 スズキ アルト  8,043台

9位 スズキ ハスラー 7,100台

10位 ダイハツ ミラ  5,788台

まとめ

新型ワゴンRについて紹介しましたが、値段のパートでも書いたようにマイルドハイブリッド搭載でヘッドアップディスプレイやアンブレラホルダー、デュアルセンサーブレーキサポートや全方位モニターなど多彩な機能が満載。コストパフォーマンスはとてもいいのでは。。と感じました。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links