トヨタ86新型フルモデルチェンジで価格、エンジンは?GRスポーツと中古車情報

トヨタ86は手ごろな価格で本格的な走りを楽しめるスポーツカースバルとの共同開発で2012年から販売がスタートし、トヨタは”86”、スバルは”BRZ”でデビューしました。水平対向エンジン低重心のトヨタ86は若者層だけでなく、”AE86型カローラレビン・スプリンタートレノ”の、かつてのオーナーである中高年層にも人気モデル。オープンカーモデルの追加も噂される新型86について、最新情報をご紹介しましょう。

Sponsored Links

トヨタ86とは?

トヨタ86は世界のスポーツカー好きの声を反映し、”価格は抑えめ、軽量、チューニングしやすい、そして運転しやすい”クルマとして開発されました。

当時の副社長だった豊田章男氏(現社長)の決断で進んでいく開発プロジェクト。ザインや総合的な企画はトヨタが、開発や生産に関することはスバルが担当し、若者のクルマ離れを食い止めるモデルを目指しました。

トヨタ86はターゲットの若者世代だけでなく、30年ほど前に全盛だった”AE86型カローラレビン・スプリンタートレノ”を愛する中高年にもうけています。

FRレイアウトで、ターボを採用しない純粋なスポーツカーとして、その地位を確立したワケですね。

当時、赤の”カローラレビン”は憧れのクルマでした。小ぶりでスタイリッシュなところがカッコ良くて、颯爽と走る姿はとてもステキだったなと思い出します。

Sponsored Links

トヨタ86の評価と口コミは?

それでは、トヨタ86のオーナーさんは、どのような評価をしているのでしょうか?スポーツカーですから、少し諦める(笑)ところも出てくるでしょうね。

トヨタ86の良いところは?

・本革巻きのハンドルは運転しやすくて手触りも良い
・タコメーターがセンターにあり見やすい
・スポーツカーとしては燃費は悪くない(実燃費街乗り 8km/ℓ、高速15km/ℓ)
・包み込むようなシートは心地よい
・低重心ならではのコーナリングが楽しい
・トヨタブランドのスポーツカーはさすが走りに安定感があり、発売を待った甲斐があった
・何といってもカッコイイ
・MTが初めてだけど、シフトやクラッチは扱いやすくてすぐ慣れた
・四隅の感覚がわかりやすいので、街乗り、高速、山道などどんな道でも運転しやすくて楽しい
・乗っていてとにかく楽しいし走りたいと思わせるクルマ
・良好な路面では吸い付くように走り、一体感がでて気分が良い
・加速時のエンジンが回転する音は、聞いていて気持ちよい

なかなか素晴らしいコメントが続きますね。カッコよさと、乗ってて楽しいクルマに仕上がっているのが良く伝わってきます。

Sponsored Links

トヨタ86の良くないところは?

・内装の質感は安物のようで残念
・シートのホールド感が体系に合わない
・シアシートは狭くて人は乗れない
・ドリンクホルダーの位置がうしろすぎて取りにくい
・収納はほとんどない
・リアワイパーがないので、雨の時は後ろが見えにくくて困る
・車体が低いので乗り降りはしにくい
・パワー、トルクは力不足なのでチューニングが必要
・FRだが小回りがきかない(最小回転半径5.4M)
・路面の凸凹はゴツゴツと感じるので乗り心地は良くない
・防音静音にはお金をかけていないせいか、ロードノイズや風切り音がうるさい

リアシートの狭さ、収納がほとんどない、乗り降りがしにくい、などはトヨタ86を買うなら、求めてはいけないポイントですね。

この辺りを許容して、走りの楽しさを重視する!のがスポーツカーのオーナーですから!

出典:トヨタWebサイト

トヨタ86のビッグマイナーチェンジは?

トヨタ86は発売から4年経った2016年に、ビッグマイナーチェンジを行なっています。内容はデザイン変更と足回りの改良、高剛性化とかなり充実したものでした。

このビッグマイナーチェンジより、初めてのフルモデルチェンジまで小さなマイナーチェンジで繋いでいく予定だと思います。

すでに発表している2017年10月4日からのマイナーチェンジに関する内容は、見た感じの変更は無くステアリング設定の調整で、ハンドルさばきがより自分の意のままに動くような改良(ステアリングの支持剛性を強化)のほか、ごく一部となっています。

又、同じタイミングでGT“Limited・Black Package”を新たにグレード設定。Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備、シフトノブを本革にし、サイドミラーとリヤスポイラー、アルミホイールの塗装をブラックで統一しています。

出来上がりは、かなりカッコいいですね。

Sponsored Links

スポーツカーブランド”GR”が86にも追加

スポーツカーブランド”GR”とは?

新しいブランド”GR”が2017年9月19日に正式発表されました。これはすでにある各車種にスポーツモデルを設定するという考え方。

以前は、”GRMN”と”G’s(ジーズ)”というカテゴリーで存在していましたが、今回一新して”GR”として再デビューです。

内容はアフターパーツの”GRパーツ”から始まり、入門といえる”GRスポーツ、がっつりと楽しめる”GR”、そして台数限定の究極モデル”GRMN”と4パターンになります。

image

image

出典:トヨタWebサイト

そして、86に関しても”86GRスポーツ”が11月に発売される予定です

次にお話しする”GR Garage”のWEBページに載っている新型86の写真はこれです。実際とは違う可能性があるとのコメント付きですが、かなり近いものがあるでしょうね。

出典:GR Garageサイト
若者のクルマ離れを止める作戦として、”GR”はどんな展開になるのか?ワクワクしますよね!
最高の走りに気持ちいい乗り味が楽しめる!という”GR”ブランドは、スポーツカーが気になる人や、私も目が離せないモデルです。

Sponsored Links

”GR Garage”で86試乗!

全国に”GR Garage”と称するディーラーが展開予定。すでにオープンした店舗もあるようで、来年2018年3月までに続々オープン。

店内は赤と黒、そして白の”GR”カラーで統一されていてアーバンな感じ。なかなかやるじゃない!

出典:GR Garageサイト

”GR Garage”ではGRスポーツシリーズやカスタマイズパーツなどを展示。

購入検討の場合は全国の”GR Garage”で実物を見て、乗って、試して、と体感したいなと。

店舗の写真をみただけで私は興味が急上昇!なんかワクワクしますよね。

この感じ、どこかで見たことがあると思ったら、ダイハツの軽スポーツカー”copenファクトリー”でした!

”GR Garage”にも一度行ってみたいなと思います。

ダイハツコペン(ローヴ、エクスプレイ、セロ)とコペンファクトリー見学と感想!

ダイハツコペン(ローヴ、エクスプレイ、セロ)とコペンファクトリー見学と感想!
ダイハツが2015年から発売している軽スポーツカーのコペン。走りを楽しめるだけでなく、ユニークな発想でクルマ全体を着せ替えできる”ドレスフォ...

新型トヨタ86とは?

それでは新型トヨタ86についての最新情報をお伝えしましょう。

新型トヨタ86のプラットフォームは?

新型86のプラットフォームは、いくつかの案があるようです。

ひとつは共同開発社のスバル新プラットフォーム”SGP”の改良版。これは自然な流れで、一からの開発でないため費用圧縮にもなるのでは。一方で、”SGP”をミドルクラスのスポーツカーに改良するのは難しく、断念することになるともいわれています。

そこで考えられるのは、現行モデルに専用設計した”FRプラットフォームと超低重心FRパッケージ”を改良して使うこと。

元々、低重心、小型で軽量化されているので、新型86にはぴったりです。

改良版プラットフォームでさらにスポーツカーらしいハンドリングが可能になり、思いのままの走りが楽しめます。

Sponsored Links

新型86のパワートレインは?

台数が見込めないスポーツカーは、残念ながらエンジンを新しくする開発費用は持てないはず。若者がターゲットであり販売価格を抑えることを考えると、現在あるものを改良するのが現実的ですね。

現行車は水平対向(ボクサーエンジン)エンジンで高出力を実現できるターボではなく、感覚重視の自然吸気エンジンを採用しています。

私は自然吸気エンジンの搭載を続けてほしいと思います。しかしながら、時代はダウンサイジング、軽量化の流れですね。

出典:You Tube

そこで候補は2つに絞られ、ダウンサイジングと自然吸気タイプは採用されると思います。

それぞれのスペック予想はこんな感じ。

**1.6L水平対向ダウンサイジング直噴ターボ**
最高出力:172ps/4900~5700rpm
最大トルク:25.0kgm/1800~4900rpm

**2.0LDOHC直噴自然吸気16バルブデュアルAVCS**
最高出力:205ps/6800rpm
最大トルク:23.0kgm/6400rpm

そして、日産の新型シルビアでも検討しているハイブリッド化。今回の新型86では走りの感覚を重視するということで、見送りとなるでしょう。

日産シルビアS16〔新型〕e-POWERで復活か?S15中古車情報やトヨタ86比較

日産シルビアS16〔新型〕e-POWERで復活か?S15中古車情報やトヨタ86比較
日産シルビアと言えば2002年まで販売していた人気のスポーツカー。バブル時代に流行ったクルマで多くの若者が乗っていましたね。ファンが待ち望む...

セリカからの乗換えを検討している友人(女性)は、MTで運転することが楽しくて!というタイプです。

新型86はマニュアル車、もちろん残りますよ(笑)

マニュアル車を運転してなんぼ!というファンのためにもMTモデルはずっと続けてほしいですね。

新型86の価格と発売日は?

新型86はエンジンやプラットフォームの改良と、手を加える部分が多くなるので価格アップは仕方ないところ。現行モデルが、262万円~342万円なので、200万円台後半から370万円くらいまでで抑えたいところです。

次に発売日は、2019年のモーターショーで発表し、2020年から販売と推測されます。

出典:You Tube

新型86にオープンモデルが追加か?

トヨタ86の派生モデルとしてオープンカーが検討がされているようです。

86が発売スタートした次の年である2013年ジュネーブ国際モーターショーで、”FT-86 Open concept”が発表されました。

オープンスポーツカーで4人乗りは珍しく、そのカッコよさもあって当時は騒がれたとか。

image

image

image

出典:トヨタWebサイト

インテリアもボデイと合わせて白で合わせているところも、なかなか粋でいいですね。

ルーフは電動式のソフトタイプを採用。同じスポーツカーならばダイハツのコペンをイメージしてしまいます。 トヨタ86もぜひ運転してみたいと思うモデルです。

販売に関しては、台数が見込めないこと、通常モデルより高価になることなどを踏まえて、具体的なことは決まっていないようです。

86オープンカーが販売されることになれば、結構話題になると思います。若者は手が出なくても、レビン、トレノ世代にはうけるでしょうね!

お蔵入りせずに是非、発売を考えてほしいですね

Sponsored Links

トヨタ86の中古車について

トヨタ86の中古車情報はどんな感じか?

参考に、WEB掲載されている評判を次のようにまとめてみました。

トヨタ86中古車の評価は?

総合評価:4.1
デザイン:4.3
走行性:4.2
居住性と広さ:3.3
積載性:3.0
運転のしやすさ:3.7
維持費:3.3

総合評価が4以上ありますから満足度は高いですね。

中古車を選ぶポイントは、年式、修理歴、走行距離、オーナー数など。必ず確認してくださいね。

それと、トヨタ86なら自分好みの走りにチューニングしたり、パーツを追加したりと手を加えている可能性は高いです。またオーナーは走り屋さんが多いですから、ぶつかった後の凹みや、激しい走り方をしたことでのダメージは付きもの。

この辺りのチェック方法は、次のパートでご紹介します。

Sponsored Links

トヨタ86中古車のチェックポイントは?

**トヨタ86の修復歴**

WEBサイト上で見えている修理歴や修復歴は、骨格やエンジンに関わる大きなこと以外はカウントされません。なので、ぶつけて板金したのは修復歴には入ってい無いワケです。

必ず、隠れている修理歴を担当者に確認です!

**トヨタ86のヘッドライト**

ヘッドライトの左右の色違いを確認しましょう。

色が違えば交換した可能性が高くなりますので、その交換理由が気になります。ぶつかったことでの交換の可能性も高いので。

**トヨタ86フロントバンパー**

フロントバンパーへの飛び石の跡が多い場合は、サーキットや峠越えで酷使していることがあります。この場合は、ブレーキパット、サスペンションの状態をチェックしましょう。

**トヨタ86のボデイ全体**

クルマから少し離れてボディ全体を見て、色の違いがあれば板金している可能性があります。また、ボンネット、バンパーのバランスが悪ければそれらを交換しているかも。

**トヨタ86のドア**

ドア付け根のヒンジの塗装がはがれているか?要チェックです。

ドア交換していれば、仕上げの塗装が取れているハズ。

このようにチェックポイントをいくつかお伝えしました。

WEBでいいなと思うクルマが見つかったら、必ず現物で確認ですよ。

チェックポイントはなかなか素人ではわかりにくいかもしれません。近くに詳しい人がいれば一緒に確認してもらえればいいですね。

中古車との良い出会いがあるように!ご縁があればうれしいですね。

新型86のまとめ

トヨタ86の新型を紹介しました。

気になるのは、エンジンです。自然吸気タイプが残るとは思いますがどうなるでしょうか?またオープンカーもいいですよね。風を切って颯爽と走る86は実にカッコいい!!

さらにはトヨタとして”GR”スポーツモデルを発表して一新しました。

今後は若者がクルマに戻っくる!を想定して、スポーツカーに力を入れるでしょう。

今後の86、GRの展開が楽しみで期待したいです!

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links